Top >  岩盤浴入門 >  岩盤浴の入浴法

岩盤浴の入浴法

岩盤浴では、一般的なお風呂と違い素裸になって入浴する必要はありません。岩盤に使われている天然石は手で触れるほどの温かさですが、素肌で岩盤の上に横たわると、天然石に触れている皮膚が低温火傷を起こすこともあります。岩盤浴では、まず岩盤浴用の吸湿性の良い衣類に着替え、天然石でできた岩盤の上にバスタオルを敷いた上にうつぶせに横たわります。そうしておよそ5分ほどでおなかの辺りが温まってくるのがわかったら、今度は仰向けになって約10分ほど横たわります。

この15分間を1クールとして、あいだに5分から10分ほどの休憩を挟みながら、2~3クールの入浴を繰り返します。入浴を繰り返すことで血流が促進され、毛細血管の隅々まで血液の流れが良くなっていくのです。また、入浴中はできるだけゆったりとした呼吸をすることで脳に刺激を与えます。そうすると自律神経のひとつである交感神経が働きはじめますから、リラックス効果も高まってきて新陳代謝がより活発になるのです。入浴前と休憩時、入浴中、入浴後にも水分の補給を必ず摂ることを忘れないようにしましょう。

以上が岩盤浴の入浴法なのです。なんだとても簡単で単純で、そんなものなのかと思われるかもしれませんが、岩盤浴ではこれ以外に何も特別なことをする必要がないのです。その名の通り、岩盤浴は温かい岩盤に横たわっているだけの温浴法なのですから。だけど、そうしているだけで身体の新陳代謝が高まって、サラサラの汗も出てくれて、何と言っても健康的な素肌美人になれるのですからこれはもうやってみるしかありません。

岩盤浴入門

良い汗をかくと代謝も促進されるし免疫力も高まっていきます。お肌もツヤツヤになって素肌美人になることができるのです。良い汗をかくことが、健康的で身体にとても良くて、美容にもとても良いことは良くわかりました。それでは、そんな汗かき健康法に一押しの効果が期待できる岩盤浴への入門編です。

関連エントリー