Top >  岩盤浴入門 >  玉川温泉の北投石

玉川温泉の北投石

玉川温泉の岩場にある北投石は、日本では当地以外では発見されていない鉱石で、同種の鉱石が世界で最初に発見されたのが、台湾にある北投温泉であることから北投石の名で呼ばれています。学術的には含鉛重晶石という難しい名前で呼ばれ、その成分は名前の通り鉛を含んだ硫酸バリウムでできており、ラジウム等を含んだ放射性を持つ独特の鉱物なのです。特別天然記念物に指定されているため、今は採取が禁止されていて勝手に取ると罰せられます。

そのため、岩盤浴が玉川温泉以外でも手軽にできるように様々な鉱石の研究が進み、今では全国の岩盤浴設備を持つ施設で、いろんな効果を持つ天然鉱石が使われているのです。日本国内で採取されるのは、北海道の神黒石(ブラックシリカとも呼ばれます)、石川県の医王石、群馬県の貴陽石、九州の天照石、富士山の溶岩などがあります。外国で採取されるものでは、韓国の麦飯石や天寿石、オーストリアのバドガシュタイン鉱石などが注目されています。

また、天然の温泉地では、玉川温泉以外にも鳥取県にある三朝温泉の玄武岩、北海道にある二股温泉の石灰華鉱石、山梨の増富温泉の花崗岩などで岩盤浴が
行われています。こうした岩盤浴に使われる鉱石は、ヒーターなどの熱源で温めることで、遠赤外線やマイナスイオンが発生するのです。また、天然石によってはラジウムやゲルマニウムなどの放射性を持つものもあります。

岩盤浴入門

良い汗をかくと代謝も促進されるし免疫力も高まっていきます。お肌もツヤツヤになって素肌美人になることができるのです。良い汗をかくことが、健康的で身体にとても良くて、美容にもとても良いことは良くわかりました。それでは、そんな汗かき健康法に一押しの効果が期待できる岩盤浴への入門編です。

関連エントリー