Top >  岩盤浴入門 >  岩盤浴が身体に良い仕組み

岩盤浴が身体に良い仕組み

岩盤浴はお湯のない温泉と呼ばれ、温まった石の上に身体を横たえるだけで身体に良いことが起こると言われています。では、岩盤浴で身体に良いことが起こる仕組みの秘密はいったい何なのでしょう。身体に良い仕組みの秘密には2つあって、ひとつは岩盤浴に使われている天然石から放出される遠赤外線です。もうひとつは、やはり天然石から発生するマイナスイオンなのです。

ふつうにお風呂に入った場合には、身体の表面は温まりますがなかなか深部までは温まることができません。遠赤外線は、身体の深部まで熱を伝えることができますから、身体の芯からほんわかと温まることができるのです。また、マイナスイオンには、体内に入ると代謝が促進されて心身をリラックスさせて免疫力も高める効果があると言われていますが、実は出てくる汗の粒を細粒子化する作用も併せ持っているのです。

岩盤浴の仕組みの秘密とは、身体の芯からほんわかと温まることで血管が拡張し血液の循環も良くなって新陳代謝を促してくれること、そして心身ともにリラックスして出てくる汗も小さな粒々になることなのですから、これはまさに身体にとって良いこと尽くめなのですね。

岩盤浴入門

良い汗をかくと代謝も促進されるし免疫力も高まっていきます。お肌もツヤツヤになって素肌美人になることができるのです。良い汗をかくことが、健康的で身体にとても良くて、美容にもとても良いことは良くわかりました。それでは、そんな汗かき健康法に一押しの効果が期待できる岩盤浴への入門編です。

関連エントリー